芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

当ブログについて

 

ご閲覧ありがとうございます。

 

このブログは個人の感想6割、妄想3割、レポ1割で出来ています。

自己満足で書いています。

ネタバレだらけです。

公式のあらすじ引用以外、ほぼストーリー説明を省いているので観劇済の方向けとなります。

 

小劇から帝劇まで色々と観に行きますが、主に若手俳優の舞台がメインとなります。

シリーズものとしては、テニミュ(2nd関東立海〜)、メサイア(宵宮〜)、ヘタミュに通っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ダイヤのA The LIVE V

 

ダイヤのA The LIVE V』

2017/9/

7-10   兵庫  新神戸オリエンタル劇場

12-14 広島  JMSアステールプラザ 中ホール

17-18 福岡 北九州芸術劇場 大ホール

20-24 東京 シアター1010

 

 

9/20 18列上手にて

 

 

f:id:toMiharu:20170921002252j:image

 

 

東京が人気すぎてチケットとれず、ほんとに行けないかと思った。ギリギリ譲渡していただけて、何とか一公演。

 

期待以上にめっちゃ楽しかったです。面白かったです。

 

脚演変更でしたが、まあメサイアで演出は見てるしな…とあまり心配はしてなかった。

しかし世間はなかなかに賛否両論だったわけでして、なんでかなーと思ってたんですが。

原作が完全に頭に入ってて、観劇しながら原作のシーンが思い出せる人は浅沼演出のが良かったって人が多いのかな。私は原作は展開は分かるけど細かいところは覚えてないレベルなので、「分かりやすさ」を重視したし「演劇として」今回の演出良かったなぁという感じです。

とにかく「自分に合ってた」としか言いようがない。

 

そんな感じで、原作うろ覚えの人間が感想書くので嫌な方はここで読むの止めた方がいいかもしれないですね。

 

 

 

 

 

OPでキャラ紹介として、アニメ映像と漫画のコマが流れた時は痺れたー!

二次元のキャラなのに、目の前に三次元として存在しているの。凄い。生きててよかった。

アニメも漫画も舞台上で使用されるってなかなか、いやむしろ今まで無かったのでは?帝一が漫画のコマ演出はあったけど、役者と同時に並べられることはなかったし。

沢村の背番号演出がめちゃくちゃ好きだったのでなくなったのは残念だけど、鳴ちゃんが後ろ向いて、アニメ映像と役者がシンクロしたところが良すぎた。鳥肌。

 

一幕はめっっっちゃ短くてちょっと笑ってしまった。体感15分だった。実際40分くらいか。
しかし単純な時間的な休憩ではない、集中力や気持ちの区切りを考えた休憩の使い方で、こういうのもありなんだなぁと思いました。「気持ちが切れるから、例え4時間公演でもテニミュ全国立海は前半後半分けないで一公演でやってほしい派」の私としては有難い。

シャッター担当哲さんが可愛すぎて最高だった。「ハイ、王手」って何…可愛い…。

 

 

で本番の二幕。

 

今回良いなと思った点、

  1. 視覚的に時間の流れや人の立ち位置が非常に分かりやすかった
  2. 映像が最小限になったことでキャストのモーションから球などが想像しやすくなった
  3. 原作の選手外のキャラを出さず、舞台の観客を球場の客という一種の小道具でありSEとしたことで、選手の動きに集中できた
  4. 自由応援という形で拍手などができたことで、今まで以上に球場の客になれた(笑

ですかね。

 

特に1.が、私にとって大きかった。野球漫画って普通に読んでる時でも、試合中はいつどこで誰が何をしているのか分からなくなりがちで。私がちゃんと時系列追わず野球に詳しくないからなんですけど。

舞台セットの話ですが、セットそのものを球場にしてしまうことでシーンごとの位置関係もめちゃくちゃ分かりやすくなってると思った。打者が三塁側に走るのは若干違和感あったけど、攻守の視点が逆転してるからしょうがないし、打った瞬間に視点が攻撃側に切り替わったと思えば、まぁ笑   あと上のナイター用大型照明がマジで光るの良いよね。

テンポも良くて個人的には気持ち良く観られたんですけど、ここは原作派の方は早すぎたのかしら。

 

逆に視覚を使わなくなった、2.の部分も良かったと思う。観客の想像力が担う部分がかなり多いのが舞台の性質なので、やはりその世界を作る最たる要因は、役者の動きなのだと思います。だからこそ、この公演での第一印象は「今までより球が見える」でした。

 

3.は、特に前半は、完全に好みの問題な気がするのでノーコメント。マネとか出してほしかった人もいるよね。

4.は、自分は「生の舞台だからこそ」の没入感というか、世界の空気感が大好きなので、本当に球場で応援していると思えたのがとても良かった。ヒッティングマーチがなくなったのは残念だけど。最初Twitterで「応援自由になった…」と聞いて、タイミングとか不安しかなかったけど、ゾノが良い感じに先導してくれたのでただただ楽しかった。

 

試合は本当に手に汗を握るようでした。途中で「あれこの試合で青道負けるんだよね?あれ?青道勝つんだっけ?」とすら思った。

ラスト9回裏から青道敗北の瞬間が印象的すぎる。おかげで色々と記憶が吹っ飛んでる。

「あとアウト〇つで…」の沢村のカウント中に周りが無音なのが、沢村の世界を見ているようで緊張感がガンガン伝わってくる。その分白河へのデッドボールに本気で驚いてしまった。本当に痛そうで思わず顔しかめた。

そしてサヨナラホームラン後、喜びに盛り上がる稲実と静止したままの青道のコントラストがつらすぎた。泣く。

一人崩れず整列を促す主将がカッコ良すぎた。バスのシーンがすごく好きなので入れて欲しかったけど、あれは難しいよなぁ。

 

気になった点としては、ボーカルありのBGMが多かったこととかしら。Grateful Story使ってくれたのは良かったけどね。

あと途中入場があまりに多い。20人以上途中入場だったのでは。やっぱ平日18:30は厳しいよー。

 

 

 

キャラと役者について。

今回観て良いなと思った子は、降谷、前園、成宮、原田でした。

降谷は何だかとっても久しぶりな感じがするし(久しぶりだけど)そもそも廣瀬さんお久すぎた。相変わらず細いんだけど前より少しがっしりしました?肩幅がちゃんとあって、なんかこうときめいた。

ゾノはほんと良い声してんなー、下手客席でずっと頑張ってた!ありがとうゾノ。最後の「負けだろうと試合に出たかった」と言うシーンも良かった。

鳴ちゃんは、凄かった。凄かった。「ずっとでかいことばっか言ってきたから、勝ててよかった」でめちゃくちゃ泣いた。可愛かったし。原田との身長差も本来8cm差なの忘れる程の脅威の19cm差。

そしてその19cmの要因、原田は顔が綺麗すぎる。これ氷帝樺地の時も言った。最初、雅がヤマさんだということ忘れてて、「まって雅さん顔までカッコよすぎでは?誰だ?」とか思っててカテコで初めて気付いた。本当にでっかい。

 

元から好きな結城哲也小湊春市は相変わらず素晴らしく…素晴らしかった…。

哲さんは8回表の二塁打のシーンがめっちゃ好きなんですけど本当にカッコよかった…ここ、応援拍手できて心の底から良かったと思う…私はスタンドにいた…。二回目になりますけど青道敗北後の主将ぶりも良かったです。つらい。

春っちはミラクルキュートクロスファイヤーエンジェルです。バット折って進塁のシーンは演出としてもう一声欲しい気もしなくはないけど、春っちが素晴らしいのでもういいです。私が気持ち悪くなるので多くは語らない。(地獄はダイステⅣ感想記事参照)

 

9/20、小澤さんがカテコ最後に両人差し指で口角押し上げてニッと笑う仕草をしたのが、泣きまくってる観客に「笑って。」と言っているようで、かなりグッときました。ありがとう沢村栄純。本当に沢村栄純だなぁ。

 

 

私、面白かったと思う舞台しかパンフレット買わない人間なのですが、終演後勢いでパンフ買ってたし半ば無意識に沢村降谷御幸ブロマイド追加してました。怖っ。

今までダイステは各公演一回だったから今回も一回行ければ万々歳と思ってたけど、もう一回くらい行きたかったなー。

 

 

 

 

 

 

★★★★

H&Lザム2の感想とメサイア悠久の心構え

雑なタイトルですみません。普段舞台一公演毎の感想記事しかあげてないので、こういう日記らしい日記は初めてです。

 

 

続きを読む

Erosion

 

『Erosion』

2017/8/22-8/27 シアターブラッツ

 

「娘を祝ってほしい」
そう頼み事をして来たのは古びたおもちゃ屋さんの女性だった。
渋々お願い事を聞いた男達に待ち受けていたのは、きっっっっつい稽古ととっっっってもつまらない寸劇だった!!!
いつしか女店主の厳しさに感化されたのか、寸劇をより面白くしようと男達は燃えていく。
そして、ついには台本を無視した主人公争いが始まってしまうーーーーーー!?
自分が主人公だと全員が台詞を増やし、シーンを増やし、そして次々と相手の邪魔をしていくのだった!!
負けず嫌いの男達が描くドタバタコメディーーーー!!
「自分が主役だーーーーーー!」
………のはずだった。待ち受けていたのは衝撃のラスト。

公式HP: http://am-bition.info/erosion.html

 

続きを読む

ONEPIECE LIVE ATTRACTION3 『PHANTOM』

 

ONEPIECE LIVE ATTRACTION3 『PHANTOM』

2017/4/29〜 東京タワー

 

続きを読む

SPECTER 〈映像〉

TRUMPLILIUMSPECTERグランギニョルネタバレ

 

 

「この村は死んでいるのと同じだ────」

外界との関わりを絶つ森奥深くのネブラ村で、猟奇的な連続殺人事件が起こる。

それは繭期[人間でいう思春期]を迎えた吸血種の少年少女たちを収容する施設「クラン」から脱走した四人の吸血種たちの仕業であった。著しい情緒不安定に陥る繭期の少年たちは、ある目的のために凶行を重ねていた。

ひとりの村人が掟を破り、事件解決のために部外者であるヴァンパイアハンターを村に招き入れる。だが調査が進むうち、村人たちが抱える秘密の蕾が緩やかに綻びを見せていく。村人たちはなにを隠しているのか? 繭期の吸血種たちはなにを目論んでいるのか? やがて、吸血種たちの間で語り継がれる伝説上の吸血種「TRUMP」の不老不死譚と、「永遠に枯れない花」をつくろうとする植物学者の悲恋が事件と繋がりを見せる時、その秘密は白日のもとへと曝されていくこととなる……。

 

続きを読む

グランギニョル

※TRUMP、LILIUM、グランギニョルネタバレ

 

グランギニョル

2017/

7/29-8/6 東京 池袋サンシャイン劇場

8/18-20  大阪 梅田芸術劇場シアタードラマシティ

 

特権階級である名門貴族の家督者であり、吸血種の統治機関《血盟議会》の若手議員でもあるダリ・デリコ。

ダリはある日、上司ヨハネスより停職処分を受ける。ダリが遂行した異教団殲滅作戦の際に、保護されたスーという《人間の女》が身籠った赤子が、ダリの子であるという疑惑が議会にリークされたからだ。もしそのことが明るみとなれば、それは吸血種と人間種の間で締結された《不可侵条約》に違反する行為であり、将来を嘱望されていたダリの失脚に繋がりかねなかった。 だが、停職中であるはずのダリは、ヨハネスよりある事件を秘密裏に捜査することを命じられる。それは、各地で発生していた《繭期少年少女失踪事件》の真相を解明せよというものであった。ダリは、任務補佐官に任命された下級議員マルコと、護衛 兼 合同捜査官として派遣されたヴァンパイアハンター歌麿と春林らと捜査チームを結成し、事件を追うこととなる。

事件を追う中で、《黒薔薇館》という闇の社交倶楽部が捜査線上に浮かびあがる。その黒薔薇館の会員の中に、ダリの同期議員であるゲルハルトの姿があった。またダリたちはその社交倶楽部で、不老不死を研究するバルラハという男と、ダミアンという謎の人物と接触する。ダミアンは、歌麿と春林が長年追っている、多くの猟奇的事件を裏で糸引いていると目される吸血種だった。またバルラハの傍には、アンリ、キキ、オズという三人の吸血種の少年少女たちが付き従っていた。三人は、失踪者リストに掲載されている吸血種たちであった。

一方、教団の残党から命を狙われるスーは、デリコ家の屋敷に匿われていた。だが、人間である彼女は屋敷の使用人たちから嫌悪され、不遇の扱いを受ける。その彼女を庇ったのは、ダリの妻であるフリーダであった。スーとフリーダは、次第に心を通わせていく。しかし、スーを身籠らせたダリのスクープを追う新聞記者ジャックがフリーダに近づく。

混迷する人間関係、血盟議会という巨大組織との対峙、陰謀渦巻く黒薔薇館、そして吸血種の間で伝承される原初の吸血種《TRUMP》の不死伝説──事件を解き明かした先で、ダリがたどりつく真実とは?

 

公式HP: http://grandguignol.westage.jp

 

続きを読む