芸術に拍手

全記事ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてる。

当ブログについて

 

閲覧ありがとうございます。

 

このブログは個人の感想6割、妄想3割、レポ1割で出来ています。

自己満足の備忘録として書いています。

ゆえにネタバレだらけです。

公式のあらすじ引用以外、ほぼストーリー説明を省いているので観劇済の方向けとなります。

 

小劇から帝劇まで色々と観に行きますが、若手俳優の舞台がメイン。

シリーズものとしては、テニミュ(2nd関東立海〜)、メサイア(宵宮〜)に通っています。

ヘタミュを愛している。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

八王子ゾンビーズ

 

『八王子ゾンビーズ

2018.8.5-19  TBS赤坂ACTシアター

ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥のお寺にたどりついたタカシ(山下健二郎)は、とある満月の夜にお寺の墓場でゾンビVS住職(駿河太郎)の壮絶な戦いを目の当たりにする。このお寺は、夜な夜な無数のゾンビがうごめく、奇怪な場所だったのだ。
「ここで見たものは忘れろ!」と意味有り気に住職に言われたものの、タカシは気になって再び墓場を訪れた。するとそこにはゾンビの姿が…。しかしよく見ると、そこにいるゾンビ達は陽気でイケメンばかり。
彼ら曰く、満月にダンスをすることで成仏できるのだが、それを住職たちに邪魔されているとのこと。「俺たちにダンスを教えてくれ!!」とゾンビ達にせがまれ、何故か、タカシとゾンビ達の交流が始まったが…。
不穏な動きを見せる住職の思惑とは?
果たしてゾンビ達は、無事に成仏できるのか!?

HP:http://www.hachioji-zombies.com

 

 

8.6  2階F列上手にて

 

 

 

ビジュアルが最高。

これに尽きる。

 

逆に言えば、ビジュアル"は"良かった。ゾンビのビジュアルデザイン500億満点。マジで衣装メイクデザインさんに金一封包みたい。毎日ゾンビキャストのTwitter巡回して写真上がるの楽しみにするくらいには可愛い。

ゾンビがきゃーきゃーわちゃわちゃしてるのを観るのに、1万円。どこに金かかってたかというと、キャスティングと衣装とメイクと舞台セットと早乙女友貴の殺陣でしょうか。

 

ストーリーは、浅い。月石をゲットして満月の夜にダンスすれば成仏できる…って弱すぎる世界観も相まって、正直学芸会か子供向け演劇か?って思ってしまった。

「こういう展開にしたいから、このキャラはこういう過去にしてこういうイベントを発生させよう」みたいな魂胆が見え見えというか。まずEXILEさん迎えるからにはダンス要素は必須、健二郎さんを囲むには今旬なところから引っ張ってきた沢山の若手俳優たち、殺陣もあった方が嬉しいから早乙女友貴、など。あまりにも現実で達成したい目標に対して物語が後付けって印象だった。

孔明ゾンビーズへの仕打ちは完全に八つ当たりなのに、「これが私の正義」とか意味不明すぎて最後まで意味不明だった。下田も結局どっちの味方なの?そういうキャラか?

ダンス練習中のわちゃわちゃは可愛かったんだけど、長い堂々巡りや大声で怒鳴る突っ込みが苦手で、それが多用されてたのもキツかった。

あと海さんに対するゾンビ呼び弄り。ああこれが超大衆向けテレビから来た脚本かって思った。

ただでさえつまんねーテレビ番組ノリの弄りなのに何度も何度もやるのいい加減飽きたわと思ってたら、それが最終的に感動演出に利用されてて普通に胸糞だった。不良がちょっと良いこと……いや普通のことするだけで感動、とかナマ言ってんじゃねーぞっていう。マイナスがちょっと0に近づいただけです。海さん、1ミリもゾンビに見えなかったし。

唯一、楓くんのくだりは良かった。経過は置いといて。応援練習の時に何で楓くんだけ飛ばされたんだ?ミスか?ミスにしてはキャストも慌ててないな?と思ったらそういうことね。

とりあえず鈴木おさむ脚本演出は初めて見たけど、脚本演出の名前見て避ける舞台の一つになりそう。

 

そういえばこれだけ推してるダンス要素は少ない。少なすぎてびっくりした。せめて健二郎さんだけでも、もっとガツガツ踊るのかと思ってた。踊れ…たっけ……みたいなキャストが混ざってる時点でお察しだったのだろうか。でもはるちゃんとか勿体なくない?

テニミュやらに慣らされた我々(同行の友人)は、こういうものはカテコの後に幕開いてもう一曲ガチダンス、の流れを無意識に期待してたのに特に何もなくて若干拍子抜けした。まぁここは勝手にわたしが期待してただけだから別にいいけど。

 

昨今、応援上演などさして珍しくもないが、タンバリン。タンバリン(笑)

このなかなか強烈な鳴り物が、応援タイム以外の上演中にどれ程シャンシャンしまくるかは懸念点ではあった。

しかし2日目にしては思ったより統率とれてた印象。前説でキャラ名以外呼ぶなって注意あったし、鳴らしていい時が分かりやすかったし。まぁシャラ…シャン……くらいは始終鳴ってたけど。私もハンカチにくるんでいたもののちょっと当たると鳴りそうだった。何故タンバリンにしたし。

 

ゾンビーズはとにかく可愛かった。若手俳優の舞台裏って感じ。どこまでアドリブなんだ?自由すぎて笑った。もうこれに1万円でいいや。

ただし人数多すぎて誰が喋ってんだか分からない。その中でも年長組が強すぎてほぼ年長組の独壇場。久保田の悠来さんええ声で面白すぎるな。

何気に三太四太の台詞ユニゾンが凄かった。テニミュとかセミロングラン公演でもしょっちゅうズレるのに、一度もズレなかった。全国立海に期待。

あと三太固定カメラ気味だったんですが身体ぴょこぴょこ手脚にょきにょきしてて可愛かったです。

公演中はそこまで見てたわけじゃなくて申し訳ないんだけど、Twitterでゾンビ巡回してて丘山晴己ちゃんのヤバさに気付いてしまい良い元気玉見つけたなって感じです。たまにヤバいテンションのツイート回ってくるなとは思ってたが全部あんな感じだとは思わなかった。

 

あとはキャラビジュアルがとにかく良い。何度でも言う。10000億万点。

私は普段、観劇して面白かったらパンフレットを買うようにしているのだが、今回「ここにこれ以上金払うのか…」と思いつつパンフ買ってしまった。だってビジュアルが良いから。パンフの写真もデザインも最高。関係ないけどあまりに写真の現像具合やデザインが好きすぎて、パンフのデザインプロデューサーのお名前をググってみたら、私が今まで良いなと思った舞台のデザインばかり担当されてて驚いた。あなたの口座に直線お金を振込ませてほしい。

 

可愛いゾンビのアドリブ芸を延々見ていられるなら増やしたいなって感じ。でも1万円払うかと思うと微妙。

本当にキャラビジュアル良すぎるから勿体ない。キャラだけ他に移植して何かやってほしい。

 

 

 

 

 

★★

ミュージカル Code:Realize

 

『ミュージカル Code:Realize ~創世の姫君~』

2018.5.

17-20  東京 シアター1010

26-27  大阪 森ノ宮ピロティホール

 

俺の名はアルセーヌ・ルパン。
どこにでもいる、
ただの『麗しき泥棒紳士』さ。
訳あって――
あなたの『ハート』を盗みに来ました。


触れたものを溶かす猛毒を全身に宿した少女・カルディア。
怪物と恐れられ、周囲と隔絶した日々を送っていた。
ある夜、英国軍に捕らわれる寸前、泥棒紳士と名乗る男、 アルセーヌ・ルパンと出会う。

彼に導かれ、少女は機鋼都市・ロンドンに赴くが、 様々な人物たちと出会い、思わぬ冒険を繰り広げることとなる。

やがて彼女は、ルパンたちと行動を共にする中で、 自らの身体と失われた記憶の謎に迫っていく。

怪物と呼ばれた少女が辿り着く、真実とその願いとは――――

f:id:toMiharu:20180519113327j:image

 

続きを読む

ミュージカル 青春鉄道3

 

『ミュージカル 青春-AOHARU-鉄道3 ~延伸するは我にあり~』

2018.5.

4-13  東京 品川プリンスホテル クラブeX

18-19  神戸 新神戸オリエンタル劇場

25-26  新潟 長岡リリックホールシアター

 

続きを読む

1789~バスティーユの恋人たち~ 2018

 

『1789 ~バスティーユの恋人たち~』2018年版

2018.

4.9-5.12   東京 帝国劇場

6.2-6.25   大阪 新歌舞伎座

7.3-30      福岡 博多座

 

パリに咲き、バスティーユに散った美しき愛の物語。

民衆は貧困にあえぎ、貴族は贅沢に溺れる18世紀末のフランス―。
農夫ロナンは父を貴族に殺害されたことをきっかけに、
パリへ飛び出し、革命派に身を投じる。
ロベスピエール、ダントン、デムーランら熱き仲間を得て、新しい時代に希望を燃やす。

一方、宮廷に仕える心優しき侍女・オランプは
マリー・アントワネットとフェルゼン伯爵の逢瀬を手引きしてパリにやってくる。
マリー・アントワネットをつけ狙う一味との騒動に巻き込まれたロナンは
オランプと運命の出逢いを果たす。

決して出逢う筈のなかった二人は強く惹かれ合うも、対立する身分が壁となる。
そして、愛に悩む彼らの心を揺さぶるかのように革命の足音が近づいてくる…。

1789年7月14日、バスティーユ牢獄襲撃。
遂に革命の火蓋が切って落とされる―。

公式HP http://www.tohostage.com/1789/

 

続きを読む

メサイア 月詠乃刻

 

メサイア 月詠乃刻』

2018.4.

14-22  東京 シアターGロッソ

27-29  大阪 メルパルクホール

 

 

生きる

死ぬ

たった一人の神になる

 

日本政府高官が次々と集団自殺を遂げる前代未聞の事態が発生する。
チャーチ・公安の調査により、新興宗教団体「照る日の杜」が関わっていることが明らかになる。
潜入調査に乗り出す公安五係。
時を同じくして日本の根底を揺るがすプロジェクトが動きだしたとの情報を入手する。
任務のなか、自分たちの過去に向き合いぶつかり合う御池と柚木。暴走する小暮に雛森は何を思うのか?
そして、迫り来る未曾有の危機の中、急浮上する「ミコトノリプロジェクト」の実体とは…?

 

そんな中、サクラとして任務に当たっていた一人の男が帰国する。
その男の名前は…加々美いつき。

公式HP:http://messiah-project.com/tsukuyomi/

 

続きを読む

ミュージカルヘタリア FINAL LIVE ~A World in the Universe~

 


『ミュージカル ヘタリア FINAL LIVE A World in the Universe

3/17,18  東京 幕張メッセ イベントホール

3/21       大阪 フェスティバルホール

 

公式HP:http://musical-hetalia.com

 

続きを読む