芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

当ブログについて

 

ご閲覧ありがとうございます。

 

このブログは個人の感想6割、妄想3割、レポ1割で出来ています。

自己満足で書いています。

ネタバレだらけです。

公式のあらすじ引用以外、ほぼストーリー説明を省いているので観劇済の方向けとなります。

 

小劇から帝劇まで色々と観に行きますが、主に若手俳優の舞台がメインとなります。

シリーズものとしては、テニミュ(2nd関東立海〜)、メサイア(宵宮〜)、ヘタミュに通っています。

 

頭の悪い文章ではありますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

テニミュ3rd 関東立海 東京

 

ミュージカル テニスの王子様3rd 青学vs立海
2017/
7/14-23 東京 TDCホール
8/3-13 大阪 メルパルクホール
8/26-27 愛知 センチュリーホール
9/2-3 福岡 サンパレス
9/9-10 宮城 多賀城市民会館
9/15-17 上海 虹橋芸術中心
9/23-10/1 凱旋 TDCホール

公式HP: https://www.tennimu.com/3rd_2017rikkai/

 


7/14 2バル下手サイドシート

7/19 アリーナ1列上手寄り

7/23夜 2バル上手

にて

 

 ★後が東京楽後の感想で、それ以外初日感想。

 

 

前提としてこの感想を書いているのは、2nd関立からテニミュに通い始めた立海&柳蓮二厨です。

 

遂に3rdで立海が来てしまった。新たな立海がこの世に生まれてしまった。
ようやく夏が始まった。私にとってのテニミュにおけるテニプリもようやく一周した。
しかし私の中で、2nd全立はせいぜい一年前のようだし、3rd始まったのなんて半年前では?という気持ちである。

 

あのね、立海が強い。強すぎ。未だかつて関東立海公演でこんなに強い立海が在っただろうか。7/14、本当に初日か?
2ndは関東大会代替わりなしだったからほぼ完成されきった青学で、比較するとどうしても立海が弱く見えてしまって。ずっと「関東大会で強い立海」が見たかったから、とても嬉しかった。

正直、公演どころか稽古前?序盤?から、リプの応酬とかで自分のキャラなりきりみたいなことしてたの、かなり嫌だなって思ってたけど、今となってはどうでもよくなり。手のひら返しとはこのことだ。

 

みんな歌が上手い。
これは立海だけではなく青学もね。あんなに歌でズコーしてた子もかなり上手くなっていて、最高。テニミュは最高。
しかし全員歌がちゃんと聴けるレベルって、これ、本当にテニミュか?
立海は本当に歌上手い子が多すぎて、初日なのに、音程外すだ声量切れるだの緊張感が全くなくて逆に拍子抜けした。
立海は『負けることの許されない王者』の「無敗という」が裏声になるか否かでチームの総合力が測れる、という勝手きわまりない持論があるのだが、この立海、初日からものすごい圧の「無敗という」をぶっぱなしてきた。鳥肌と動悸が止まらない。
あと『もう迷いはない』があんなに心に突き刺さったのは初めてだった。おかげでさらに、立海なんで負けたし、という気持ちで心臓潰された。歌唱バランスが良い……2人とも歌上手い……関立必聴の一曲……。

本当に関東立海公演メンバーの歌唱力の底上げが凄い。歌上手い人が入ると、それにつられるんだろうなと思います。

 

新曲がメガ盛りで驚き。関立は好きな曲が多くて、特に『ここからが俺達』はテニミュ全てにおいて一番好きな曲で、とにかく変えてほしくない気持ちはあった。まぁ青学校歌は変わるの確定だから覚悟はしていたけど、こんなに沢山変わるとは。
そして1幕最後に『ここからが俺達』やってくれて泣いた。ショートバージョンでも、ダンスの振り付けも同じで泣いた。
『Must Be Strong!』は2nd ver.の畳み掛けるようなコーラス、ハモリ、勢いがめちゃくちゃ好きでまたやってくれないかなと思ってて、やっぱり最後にやってくれたのは嬉しかったけど、コーラスハモリがなかった?ちょっと物足りない感じがしたが1stはあんな感じだったかもしれない。
新曲で一番良いなと思ったのは、『ペテン師だあ?何とでも言え』の代替曲。Club RIKKAIって感じ。イリュージョン可愛かった。さてぃすふぁくしょん。
あと『4年と2ヶ月と15日』の代替曲も良かった。まさかのテニミュケルト風の曲が来るとは思わなかった。そしてまさか、子蓮二と子貞治が現世に降臨してしまうとは夢にも思わなくて大混乱です。嘘だろ。この世に天使が生まれてしまった。だからケルトなの?れんじとさだはるは、北欧の妖精だったの?衝撃的すぎて映像見てる最中、無意識に双眼鏡を持ったまま手を口にやってたせいで最早双眼鏡を食べてた。
『Bloodshot』に代わる赤也の新曲は、突然のルビーと「Ruby is red! Red is my color!」という微妙すぎる英語力が赤也すぎて笑う。
ただ『お前ら…崖っぷちギリギリ』のストリングスがギターに、『ここからが俺達』のブラスバンドがストリングスになっていたのは何故!?ヴァイオリンが立海の規律正しい高貴さを含んだ恐怖の圧力を表しているようで、ブラスバンドが青学の甲子園を目指す主人公校的な熱い青春を体現しているようで、好きだったんだけどなぁ。
残存曲としては、キー変更されてたとはいえ『大石のテリトリー』が残ってて本当に本当に嬉しかった!!テニミュで三番目くらいに好き!!「ダブルスには、無限の可能性があるんだから!」「ああ!」を聴いた瞬間、青9大石菊丸の黄金ペアらしさに泣いた。

 

演出的にそこまで大きな変更はなかったように思う。
今回演出補に三浦さんが入りましたが「一人の人間の魅力をアイドル的に引き出すの上手い」という印象。三浦さんの演出はSLAZYしか見てないのですが。
ただ『負けることの許されない王者〜非情のテニス』の幸村の縦置きストレッチャーはどうしても笑ってしまう。結構な力強さで「違う時間生きていても〜」とか歌うの結構シュールっていうか、顔が見えてしまうとダメだ。笑う。★慣れてきました。
笑うと言えば、『4年と2ヶ月と15日』の代替曲の回想シーンの映像で子蓮二が出てきた瞬間、笑いが起こった(初日)のなんでですか!!髪型そのまんまじゃないですか子蓮二超可愛いじゃないですか!見慣れれば可愛い!!

 

 

以下立海1人ずつ感想。
柳蓮二だけ異常に多いのゆるして。

 

真田
声が声優のような聞き取りやすさだし、というかたいてむだし、幸村への電話の声と部員に対する声の使い分けがヤバイ。乙女ゲーだった。テニミュ的真田としては優しめの声なので、個人的にCHANELのドアマンがチラついてしまう。ただ歌うとめっちゃ強い。
体格が最高。エラの辺りが最高。帽子取った時の髪の具合が良さげなんですけどちゃんと見られてないので次回要確認。
歌上手い。

東京楽にして初日より、通常時の凄みが増している。この副部長、ギャグ枠になりそうにない。

「ほう…」の言い方が全部ニュアンス違うし、公演ごとでも違うので興味深い。私は試合開始前の大石との握手の「ほう…」が好きです。
7/19の時点で「負けることの許されない王者」でマフラーなくなってた気がするんですけど、今後も無しの方針かな…もふもふ可愛かったのに…。
帽子とった時の髪のボリュームが好き。

 

幸村
お顔、神永くんに似てるわーと思ってたから最初から神の子系かなと思ったんですけど、ちゃんと病気してた!
「苦労をかける」の言い方が本当に弱ってる感じで震えた。けどジャージ姿を見るに、やっぱりめっちゃ強いかもしれない。
マジで歌が上手い。

病院で仁王から手品見せてもらった時の笑顔があまりにも天使すぎて鳥肌である。あんなに可愛い幸村くん初めて見た。

相変わらず『もう迷いはない』の心への響き方が尋常ではないし、高音が裏声じゃないのが強い。

最強のラスボス的な幸村の影が強いわけではないのに、もっと幸村としての姿が見たい、(全国が)楽しみな幸村だな、と本気で思えるので、これで全国キャス変したら私は絶望と共に散る。

 


初日から柳蓮二固定カメラしてた。
いや、スタイル良すぎでは、頭の形綺麗すぎでは、顔ちっちゃすぎでは?
初っ端から歌が上手くて踊れて演技もできて赤也より歳上の柳蓮二っているんですか?いました。
てか3rdのウィッグ良いじゃん~~;;ちょっと右に分け目あるように見えるのは微妙だけど、眉上で、パッツンではなく絶妙な量の前髪、そしてそこからもみあげに繋がるラインがあまりにもスタイリストさんGJ。そして後頭部の丸みが超最高。浮いた毛の段差がない、黄金比を成しているかの如き美しい楕円が柳蓮二のサラサラヘアーを表現している。素晴らしい。この絶妙なヘアバランスには、ある種の執念すら感じる(妄想)。
井澤さんご本人が歌手志望だったこともあって、歌声が綺麗。そもそも歌が上手いという事実だけで泣いてる。4年と2ヶ月の曲も風林火山のソロも、感動しっぱなし。
あまり声を作っていないっぽいので、2ndをずっと聞いてた自分からすると若干高めに聞こえるけどこれは慣れたらハマると思う。声では感情をあまり出さず、でもちゃんと抑揚はある、ナチュラルで不思議な感じ。全国ではここにトゲが入ると、私の好みド直撃です。

いや今のままでもかっこいいです。特にS3はカッコよすぎた。
あと井澤さんの凄いと思うところは、初日なのに目を閉じる率が半端ない。めっちゃ目つぶってくれる。開けてても切れ長の目って感じ。感謝しかない。上から見てると余計に伏し目が映えるので柳蓮二好きは2,3バルオススメ。
角度によって本気で原作作画の柳蓮二に見えるから固定カメラやめられない。スタイル良すぎるが故の高望みとして、あと少し胸筋があったらと願ってしまう。
個人的にかなりグッときたのが、カテコでも柳蓮二だったことです。幕が降りるまで柳さん。ただ井澤さんのワンピタワー時代の写真を見るとなかなかに良い顔してるので、あのカテコは本人の素なのか意識してキャラ保ってるのか、判断がつきません。
ベンチワークも背筋ピーンで綺麗…綺麗です柳さん…。

東京楽の前アナ柳さん、後アナ乾で有難さしかない。

初日は遠かったから、脳内補正で柳蓮二美化して見えてたのかなって少し思ってましたが、最前列で見ても柳蓮二だった。
こんなに固定カメラしてて飽きないのすごいと思う。体側直立・腕組み・顎に手をやる、の三パターンくらいしかベンチワークないのに。
「4年と2ヵ月と15日」ソロ歌い終わった直後に、少し苦しそうにグッと目を閉じる表情に鳥肌立ったので、全人類にのみなさん見てください。
フォームも美しくてキレがあって柳さんカッコイイ;;特にバックボレーの時の左手がめちゃくちゃ好き。
ダンスも、あの長い手足をキレよく操ってて美しいーとにかく美しいーーー。
S3で声の調子が変わるのも素晴らしくリアルな人間みがあって良い。井澤柳さんの声の絶妙な喜怒哀楽が良い。歌は風林火山ソロの朗々とした歌い方が良い。

可愛いポイントとしては「申し訳ない」と言って俯いた時が縮こまってジャージの襟に隠れようとしてる風に見えて本当に可愛い。普通に顎引いてもああはならないんですよねぇ。あとはみんな大好き『BloodShot』のジャージチャック上げ下げ柳さん。中にポロシャツ着てて良かった…。
東京楽S3、赤也に「あと3ポイントっすね」話しかけられた時に、頷いて微笑んだのが破壊力高すぎた。柳さんが本編で笑ったの、あの一瞬だけ。

アンコールの「アゲアゲ気分♪ハッピー笑顔♪」が可愛すぎて、毎回手が止まり思考も止まる。サビの拳と肘打つ振りがあまりに優しくて高貴がすぎる。

カテコも相変わらず柳蓮二で、まるで皇族の如き優雅なお手振りを前にすると私の欲にまみれた手振りが非常に恥ずかしくなります。私2ndの時から柳さんとハイタッチするのが夢だったんですけど、ただ微笑みのお手振りを戴けただけで充分すぎてハイタとかもう大丈夫ですありがとうございました。
柳蓮二って本当にこの世に存在したんだ、今この世界に柳蓮二が生きてるんだと思うと、柳蓮二キチは世界が光り輝いて見えるし、ただ「柳さんに会いたいから」という理由で地方飛ぶのを検討する。

あと横向いてる時の浮く首筋とか横顔のラインとか腕とか手とか、本当にビジュアルでも好きなところ大量にあって、だからこそ生きてるのを見てるだけで飽きないんだよなぁと思うんですけどそろそろ自分が気持ち悪いのでやめます。

 

切原
あまり先代に似てる似てる言うのは失礼かと思うけど、確かに大河元気っぽいの、分かる。
すんごい強いガキンチョだった。そして今のところあまりアホっぽい感じがしない。
しかし、現在の状態で3rd柳蓮二と組めるとは思えないのは何故だろう。

↑ 嘘です。全国D2が見えました。
割とカッコイイ赤也くんのイメージ強い。アホの子ではない感じがする。るびーいーずれっど!れっど!いず!まいからー!は置いといて。
ベンチのジャージ芸が毎回楽しい。というかちゃんと「後輩」やってて、この赤也出来る子…と思いきや、試合後のジャッカルにジャージかけてあげたけど「暑い」と断られてたり、しょっちゅう空回りしてるのが赤也らしい。
S2の気迫には、心の底から「勝ってほしい」と思わせられて驚いた。

 

丸井
ミュでここまでアイドルしてる丸井ブン太見るの初めてで、正直戸惑ったし最初慣れなかった。丸井ブン太のキャラ解釈で好き嫌いかなり割れそうだと思った。カッコイイ丸井くんが好みな私としては歴代の塩梅でちょうど良かったのですが、まぁどうせ見慣れたら好きになるんだよ(予告)
お顔は時々JPに見える。初日、客降りで来てくれたのですが可愛いがすぎる。

えーーー7/19の時点で割と別人だったんですが、初日と東京楽の丸井ブン太は本当に同一人物でしょうか??
チャラさが8割抜けた。私好みの格好良い丸井ブン太くん。うわ好きだわ。でもD2前に、ベンチの上の方のギャラリーに向かってファンサしてる丸井くんも、D2時に「ひゅー!てーんさいてきぃ!!」ってチャラさが残ってる丸井くんも好きです。

M0の「どお?天才的?」ってセリフが死ぬほどカッコよくなってて震えた。綱渡り直後に流し目で睨んでるのもすっごくかっこいい。でもD1の曲中お尻ふりふりしてるのめちゃくちゃ可愛い。
若干滑舌が気になってた「ジャッカルが!」ってフリも東京楽すごく良かった。あー良いブンちゃんだなぁ。

 

ジャッカル
顔と体格が良すぎる。カッコよすぎる。
とにかく顔が良いことと、嗚呼良いジャッカルだった…ということしか記憶にないので次はちゃんと見ます。

記憶にないとか言ってごめんってくらい良いジャッカルだった。
とんでもなく面倒見よくて優しそうで、かつ試合はカッコよくて、これは立海R陣結婚したら幸せになれそうランキングNo.1でいいんじゃないでしょうか。
D2の曲で丸井切原と一緒にノッてるの可愛い。本当に苦労人感あるのにラテンの血と中学生みも感じさせるすごいジャッカル。

試合中の頭に血管浮いてるのが良い。


柳生
めちゃくちゃ顔が綺麗。
ハキハキ系じゃなくて静か、良い意味で個性がない感じ。新鮮で好きです。ジェントルマンだけどクール成分強めで好きです。
でも入れ替わりの仁王状態も良すぎた。

やぎゅうひろし は 「わらわせる」 を おぼえた!東京楽、ベンチでラケット3本を互い違いに並べ、「四ッ角ッ形ッッッ!!!」と辺をビシィッビシィッとなぞる行為を"1人で"やっていたのを見た時は、ついにおかしくなってしまったのかと。

でも台詞は相変わらずクールで「アデュー」も紳士。

本当に仁王状態がガラ悪すぎて大好き。

 

仁王
ほっっっっっそい。お顔もちょっと女性的なところがあって実に中性的。顔が良い。
レーザービームの直後の動作がちょっと雑なのが好きです。

 

 


青学は一度書きましたが黄金が特に素晴らしかったなぁと思います。
テニミュの黄金ペアって、代ごとに個々のキャラ解釈が微妙に異なってたり個人スキルが違う分、ペアとして掛け合わさると色んな形の黄金が出来上がると思うけど、結局は根底という名の着地点はみな同じだと思ってて。その着地点が見えたような気がする。

立海が舞台上にいるときは基本どころかほぼ100%立海観てるんですが、D1はかなり黄金を観てしまったし、『大石のテリトリー』からは思わず黄金ペアから目が離せなかった。『復活!ゴールデンペア』は全身が痺れた。

青9黄金は、何だかとっても清いと感じます。

あとリョーマこと仁愛くんの成長曲線がエライことになってて、演技も歌も見る度驚く。

 

 

六角はマジで可愛いの塊だった。3rd六角のふざけ方が好きすぎて困る。緊迫した空気の中には、とりあえず六角投入してみたい。箱推しせざるを得ない。
初日日替わりで柳蓮二のモノマネしてくれたから私が沸いた。

マジで六角ちゃんが面白すぎて全日替わり円盤収録してほしい。何なんだあのテンションは。

東京楽の、オジイの涙後に「どうしたら許してもらえるだろうか」って言ったのだれですか?サエさんですか?入れ替わりネタの時の「隕石くるぞ!」「メテオクラッシュ!メテオクラッシュ!」とか、床でビタンビタンするバネさん見て「いもむしバネさん」とか、めちゃくちゃ笑った。いやほんとなんだあれ。

3rd葵剣太郎の礼儀正しさと良い子感ががめちゃくちゃ好きだし、バネさんこと陽向さんはめちゃくちゃふざけるくせに絶対キャラを保持する(ことを主張してる)ところが好きです。

 

 

 

備忘録。


柳生仁王入れ替わりの時、出てく時に柳生が柳の腰を手でちょんと触れて合図し、戻ってきた柳生状態の仁王は柳に肩でちょんと触れて合図していたのを私は見ました。

レーザー打った後、本物の柳生はラケットをグリップ滑らせて握り直すのに対し、仁王の柳生は一度空中に放り投げて握り直してた。

東京楽のカテコで、客降りで下手から戻ってきた赤也が、客降りせずに下手でお手振りしてた柳さんの後ろにつき、柳さんが上手に移動したらその後をちょろちょろついて行って、皇族お手振りの真似したり常勝ポーズの真似したりしてた。その後柳さんはセンターの乾に合流するんですけど、赤也はセンターに着く前にスッと離れた…やはり出来る子なのでは…。

 

 


感想長い短いはあるものの、本当に初っ端から立海全員レベル高すぎて勘弁してほしい。

強いて言うなら、手塚が7人的に個々が強すぎて「チーム」感が薄いくらいでしょうか。
これ大楽どうなっちゃうんですか?

 

 

 

 

 

完全に私事ですが嘘のような本当の話します。

 

私今回生まれて初めてテニミュで最前列を自引きしまして。凱旋公演。

でも当落時、金銭的に厳しそうだなぁと思ってそのチケット、発券前にお譲りすること約束してしまっていたんですね。行けない日程ではなかったし、初めてのテニミュ最前列だから本当に行きたかったけど、約束だったので、涙をのんでお譲りして。

そんなこんなで7/19、友人からお譲りしてもらったチケットの席番が、

アリーナ最前列の、

私が自引きしたチケットと全く同じ席だった。

こんなことってあるんですね。良いことしたらちゃんと自分に返ってくるんですね。これからも真っ当に生きようと思いました。

あと初めて観る最前テニミュ立海で良かった。

 

テニミュには舞台の神様が住んでいる、って話でした。

 

 

 

 

★★★★★

Linked Horizon Live Tour 2017 『進撃の軌跡』

 

Linked Horizon Live Tour 2017 『進撃の軌跡』

2017/7/8〜11/10

 

公式HP: http://shingeki.linked-horizon.com/news/2017/03/17/1074.html

 

 

7/10 40列センターにて 

 

セトリ
  1. 二ヶ月後の君へ
  2. この狭い壁の中で
  3. 紅蓮の弓矢
  4. 14文字の伝言
  5. 紅蓮の座標
  6. 最期の戦果
  7. 神の御業
  8. 自由の翼
  9. 双翼のヒカリ
  10. 自由の代償
  11. 彼女は冷たい棺の中で
  12. 心臓を捧げよ!
  13. DJ Revoタイム
  14. Linked Horizon曲
  15. Sound Horizon
  16. 青春は花火のように

 

7/10

DJ→14文字の伝言 ピアノアップver.(事前アンケート1位は「二ヶ月後」だったが初日と被ったので2位)

LH曲→君は僕の希望 ver.柳麻美

SH曲→エルの肖像 ver.福永実咲

ゲスト(ホルン)→ブレイブリーデフォルトより船上の曲

 

 

 

感想

この進撃の軌跡というアルバムとアニメ2期で、進撃に出戻りしました。

出社前に心臓捧げるとテンション上がるので、アルバム発売日から毎日聞いてました。ライブ楽しみすぎて月曜(7/10)から仕事してません。

パスポート押印しに行ったら、前回のスタンプがNeinのもので、2015年とか、あああ…。

 

7/10はだいぶ後方席で、表情や衣装詳細見えなかったので、もう一回行く11月はもう少し前で見たいですね。まだ発券開始すらしてないけど。

 

 

正直、『二ヶ月後の君へ』でダンサーさんが白く光る超鋼鉄ブレード(風ポイ)を持って出てきた瞬間にちょっと泣いた。

調査兵団がいた。めちゃくちゃ回るし跳ぶし、とてもとても美しかった。

ダンサーさん見ていたいけど、Revoさんも見たいし、アニメの映像も絶妙にシンクロしてるから見たいし、で後方席にも関わらず目が追いつきませんでした。

 

『もしこの壁の中が一軒の家だとしたら』の歌の最初の一音、何だかとても緊張して。その一音が響いた瞬間に鳥肌立った。

「全てが偽物なんだぜ」の部分とか、CDより感情ガンガン伝わってくる感じでカッコよかった。

もし壁がここに挟まれたことで、ここが物語のスタートになって綺麗に時系列になりました。

 

今回なんとなく、客参加できるところ少ないかなという印象。Märchenで第九歌ってたせいだろうか。

紅蓮の弓矢』でWir sind der Jäger歌えたの良かったんだけど、『紅蓮の座標』の「この美しく残酷な世界で」のところも好きなので歌いたい気持ちあります。しかし改めて、紅蓮の弓矢は良い曲だなぁ。

 

『14文字の伝言』はカルラからエレンとミカサが離れた瞬間(若干曖昧)に、リストバンドライトがフッと消えて…。カルラにとっての最後のヒカリだったのでしょうか。今回一番印象に残った。

ボロ泣きしたんですけどリストバンドタオルが役に立ちました。

 

14文字の直後に『紅蓮の座標』なんて絶対ノれないと思ってたけど、巨人の映像出た瞬間、自分の中で「絶対に駆逐してやる」と強く強く思ったことに、自分で驚いた。めちゃくちゃ拳振った。

この曲はスルメだと思っててアルバム内一二を争うくらい好きです。

 

『最期の戦果』は、怖かった……イルゼの映像見るの初めてだったんですがマッチングが凄い。

「私は最期まで屈しない」の歌い方も、手記を綴りながら死ぬ振りも、すごく、怖かったです。 

 

今回一番、生のが断然良いなと思ったのは『神の御業』だったり。

歌姫の声が透き通ってて本当に神殿のような雰囲気。前のモブ信者はちょっと面白かったけど、いないよりいる方が絶対良いと思った。ちなみに私は、暑かったので入信しませんでした笑

 

自由の翼』のOPムービーが本当に好き。特に「唄うのは《凱歌》」の瞬間に4人の人がキラッと繋がる部分が大好きなんですが、特別ここでライト変化とかはなく、もしかしてここが異常に好きなの私だけでしょうか。

 

『双翼のヒカリ』は意外とペトラが死ぬ時が曲中最後の方でいつ死ぬのかとヒヤヒヤ…。

ダンサーさん2名も白い衣装にチェンジして、双翼の表現が美しかった。

 

『自由の代償』はRevoさんの巻き舌マシマシです。

奇行種の表現どうするのかな、Revoさんが奇行種になるのかな、と割とマジで思ってましたが、ダンサーさんがとっても気持ち悪かったです(褒めている)

 

アニメ二期どころか単行本でも現時点まで全くアニが出てこないので、私の中で若干存在感の危機にありましたが『彼女は冷たい棺の中で』で一気にアニちゃん好き!!ってなりました。

結晶の静止画が続くところが、すごく「棺の中」っぽい。

 

『心臓を捧げよ!』は熱い!客側も振り付けあるの良かった!ほんとに沢山の人と心臓捧げたかったの!

Revoさんの「心臓を捧げよッ!」を言う気合いに熱くなる。「選び悔いた道の先は どんな場所に繋がっている」の部分でライトがセンターから客席まで真っ直ぐ伸びててグッときた。

 

途中から突然のサンホラリンホラ宣伝タイムだした。

サンホラからは『エルの肖像』。キー変わってたかな?しかしアニがエルの肖像って。

EとAってエレンとアニなのか…?とか、「時の荒野を彷徨う罪人たち」ってめっちゃ巨人じゃん…とか、深読みが止まらない。

リンホラからは『君は僕の希望』で、うっかりヒカリと読みそうになる。

原曲はサビで割と裏声?というか切り替えた歌い方してますが、柳さんバージョンはサビもそのままの歌い方でした。すごく透き通ってて最高だったから全てが円盤入らないであろうことが悔やまれる。

 

アンコールの『青春は花火のように』で、リストバンドライトがカラフルに光ってて楽しい!ハロパの朝ハロでも同じ光り方してたけど、この光り方好き。

7/10、DJの段取りの説明もそうだったんですがRevoさん色々すっ飛ばしすぎて、この曲も振り付けあるっぽいんですが特に説明もなく「飛んだりしてね」というふわっと感で投げられました笑  サビとか何となく真似して、楽しかったけど笑

 

 

ちょくちょくMCはありましたが大体立ってましたね。特にお貴族席プレミアムシートの皆様なんて約2時間半ずっと立ってたのでは?逆に『神の御業』でプレミアムあたりの人だけ立ってて初めて気付いたんですけど、プレミアムの方々白い服多くない?黒がドレスコードかと勘違いせんばかりのSH現場で白って珍しい。入信仕様?

MCは7/10は「進撃キャラと入れ替わるなら誰?」という質問でしたが、大体歌姫がみんな可愛すぎた。Revoさんはマルコだったけど夢女みたいな理由で、ジャンさんガチ勢流石だった。

 

 

二期OPの心臓が赤く光る演出が再現されるの期待してたけど、本当に敬礼した時に赤く光って震えた。(ただしその景色は、舞台上の人しか見えない)

しんせきの歌姫の声、全員キャライメージにマッチしてて本当に素晴らしいな、と生で聴いて、改めて思いました。

そしていつでも敬礼できるように、リストバンドライトをずっと右手に付けてたら右腕だけ筋肉痛になりました。

いやーやっぱり進撃って良いなー最高だなー。11月の川崎も楽しみだなー。アニメ三期も主題歌担当してくれたら、またアルバム出してくれる可能性あるなー、アニメも楽しみだなー。

 

 

 

 

 

 

★★★★

メサイア展とトークショーレポ

 

「MESSIAH FIRST EXHIBITION」

2017/6/14 - 6/21

@GALLARY X BY PARCO

 

 

まさかメサイアの展示会が開かれるとは。

トークショーレポです。記憶の引き出しが浅すぎて概要しか書いてません。詳細はTwitterで皆さん書いてくれてると思います。

展示物レポは後日追記予定。

とりあえず物販のTシャツのサイズ感は、普段レディースM着てる自分でSサイズがジャストって感じです。

 

 

続きを読む

心霊探偵八雲 裁きの塔

 

心霊探偵八雲 裁きの塔』

 

2017/

5/31〜6/11 品川exシアター

6/16〜18    大阪ビジネスパーク

 

裁かれるのは誰だ?
時計塔に隠されたを解け―。

大学内にそびえ立つ時計塔には、かねてから妙な噂があった―。
塔の最上部には大きな姿見が置かれている。
その鏡は、黄泉の国と通じていて、十二時にその鏡の前に立つと、
亡者と再会することができるのだという―。
ただ、その噂を確かめられた者はいない。
なぜなら、亡者との再会を果たした者は、黄泉の国に連れていかれるからだ―。
「時計塔の亡霊に、ぼくはあの作品を書かされたんです―。」
ある1冊の小説を巡り、運命の歯車が動き出す。
そんな中、大学内の時計塔で殺人事件が発生。
晴香が容疑者として捕らえられ、自供してしまう。
時計塔の亡霊とは……?小説に隠された秘密とは―?
そして、裁きを受けるのは誰なのか。八雲は真実を導きだせるのか―。

公式HP:

http://www.nelke.co.jp/stage/yakumo2017/

 

続きを読む

メサイア外伝 極夜

※※思いっきりネタバレ※※

6/26 3回目追記

 

メサイア外伝 -極夜 Polar night-』

2017/6/17 公開

 

 

続きを読む

レ・ミゼラブル 2017

 

レ・ミゼラブル

2017/

5/25〜7/17    帝国劇場

8/1〜26         福岡博多座

9/2〜15         大阪 フェスティバルホール

9/25〜10/16  名古屋 中日劇場

 

 

5/31  昼 2F最後列上手

        夜 1F2列目上手にて

 

ほぼ最前と2階最後列という極端座席でしたが、音の聞こえ方にあまり差がなくて。帝劇の音響に驚いた。前方若干オケが大きいかな、くらい。

 

f:id:toMiharu:20170627014012j:image

 

f:id:toMiharu:20170627014034j:image

f:id:toMiharu:20170627014052j:image

 

 

観劇歴5年くらいにして、レミゼ初見でした。

 

海宝上原はチケット自引きできたものの、内藤相葉が取れなかった…

ギリギリ譲渡いただけたが、これが偶然にも、元々夜だけ取っていた5/31。

テニミュとかならマチソワよくやりますが、帝劇でマチソワなんて贅沢だなぁ勿体ないなぁと思いつつ。

 

 

私はネタバレ回避派なので今回も事前知識ほぼ0で臨んだのですが。「昔から上演されているミュージカル」はストーリー読んでからじゃないとダメだ!話分からん!そういえばミス・サイゴンの時もそうだったじゃん私。学んで。

で、割と理解しながら臨んだのはソワレだったわけですが、不思議と泣いたのはマチネだけだった。私の涙腺トリガーは謎です。

 

 

初見だからこそのストーリーに関してですが、おじさんと幼女の組み合わせは最高だなと思うこと山の如し。

ジャン・バルジャンの生き方が良かった。報われたのかは分かりませんが。

ガブローシュが一番好きです。準ショタコンなので。ガブローシュが撃たれた時が一番泣いたし一番悲しい。マチソワ両方とも、ストレートな歌声で痺れました。

「最後に死んだ人が出てくる」演出にも弱いので、ジャン・バルジャンの最期にファンテーヌが出てくるところでも泣いた。

 

テナルディエ夫妻は、何で最後まで無事でいられるんですかね(婉曲)

「悪は最後に報いを受ける」という、物語の定石が適用されないことに驚いた。あれを「人間臭い」と評することは、私はものすごく嫌なので、キャラクター的にはひたすら好きになれなかった。

ジャン・バルジャンと対局の生き方をしているが、どちらかというとテナルディエのがハッピーエンドなんですかね…。レミゼ自体、教訓の意味を持つ物語ではなく、これが現実なんだ、と突き付けられた気がします。

しかし森久美子さんのマダムは強烈すぎて凄かった。マチネは一番遠いところから観ていたはずなのに、圧倒的存在感。

 

本当にストーリー最初から読んでいけばよかったと後悔したのは、ジャベールについて。

昼公演、彼の役回りがいまいち掴めなくて(最早民衆に紛れたら見分けつかなくて)、よく観られなかったんですが、夜公演見たらなんか妙にかっこよかった。もっと早く気付きたかった。

 

 

ところで、エポニーヌがさ…なんか既視感あって…

若手俳優りあこ、のそれなんじゃないかって……

彼は別の女が好きだけど、彼のことが大好きだから何でもしてあげたいっていう、なんかねぇ。時間もお金も使って尽くしたのに、結局選ばれるのは一目惚れの美人なのですねぇ。私自身りあこ系のオタではないけれど、単純に胸が痛かった。そしてマリウスは若手俳優ではないので、マリウスおまえ、おまえ…って何度も思った。

 

マリウス、たなかみりんぼしさんこと内藤大希さんをママ僕で見た時、何でここ帝劇じゃないんだろうと思ってたけど、本当に立ってくれるとは…。初帝劇がどうしてもどうしても見たくてすごく楽しみにしてた。内藤マリウス、すごいフレッシュな若者!!ぴゅあ!!って感じで可愛かった。噂の昇竜拳も見れたし。

ソワレで見た海宝マリウスは高貴が過ぎる。王子様かよ。メサイア無印の映画に出ていたとは思えない。

 

あともう一人初帝劇でどうしても見たかったのが相葉アンジョルラス。

びっっっっくりした。ばっちを見たのは「3150万秒と、少し」以来で、むしろ歌唱を見たのは戦国鍋ぶりだったんですけど、めっっっっちゃ歌上手くなってた。帝劇のドセンで銃を掲げる姿には胸が熱くなりました。

相葉ルラスは「僕はカリスマを持って生まれたよ」って感じで、ああこれは革命で死ぬ、って感じなんですが、

上原ジョルラスがあまりに強すぎて絶対死なない。国家ひっくり返せそう。上原さんは1789、ミスサイゴンでも拝見していますが、なんかすごい「革命のプロ」のイメージがある。

 

コゼットは噂の生田さんが見られてよかったです。アイドルを馬鹿にしてるとかではないのですが、アイドルグループにあんな歌上手い子がいたんですねぇ。

 

余談ですが、ソワレのカーテンコールで目の前に来た、アンサンブルの篠田さんのお顔が、大層可愛かったです。その時は誰この可愛い人?!ってなったけど、後でHP見たらすぐ分かった笑 どこやってたんだろう…

 

 


大きな劇場に来るたび、マンパワーに圧倒されます。そしてそれが感じられるのは絶対に前方席。

前すぎて困ったのは、床の蝋燭の演出が見えなかったことかなぁ。上から見るあれは綺麗。

演出が変わったと聞きましたが、どこが変わったのかは分からないのが悔しい。

 

ただ一つ、これから帝劇デビューする人に言いたい。B席3回よりS席1回。S席で見て。

 

 

 

 

 

★★★