芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

レ・ミゼラブル 2017

 

レ・ミゼラブル

2017/

5/25〜7/17    帝国劇場

8/1〜26         福岡博多座

9/2〜15         大阪 フェスティバルホール

9/25〜10/16  名古屋 中日劇場

 

 

5/31  昼 2F最後列上手

        夜 1F2列目上手にて

 

ほぼ最前と2階最後列という極端座席でしたが、音の聞こえ方にあまり差がなくて。帝劇の音響に驚いた。前方若干オケが大きいかな、くらい。

 

f:id:toMiharu:20170627014012j:image

 

f:id:toMiharu:20170627014034j:image

f:id:toMiharu:20170627014052j:image

 

 

観劇歴5年くらいにして、レミゼ初見でした。

 

海宝上原はチケット自引きできたものの、内藤相葉が取れなかった…

ギリギリ譲渡いただけたが、これが偶然にも、元々夜だけ取っていた5/31。

テニミュとかならマチソワよくやりますが、帝劇でマチソワなんて贅沢だなぁ勿体ないなぁと思いつつ。

 

 

私はネタバレ回避派なので今回も事前知識ほぼ0で臨んだのですが。「昔から上演されているミュージカル」はストーリー読んでからじゃないとダメだ!話分からん!そういえばミス・サイゴンの時もそうだったじゃん私。学んで。

で、割と理解しながら臨んだのはソワレだったわけですが、不思議と泣いたのはマチネだけだった。私の涙腺トリガーは謎です。

 

 

初見だからこそのストーリーに関してですが、おじさんと幼女の組み合わせは最高だなと思うこと山の如し。

ジャン・バルジャンの生き方が良かった。報われたのかは分かりませんが。

ガブローシュが一番好きです。準ショタコンなので。ガブローシュが撃たれた時が一番泣いたし一番悲しい。マチソワ両方とも、ストレートな歌声で痺れました。

「最後に死んだ人が出てくる」演出にも弱いので、ジャン・バルジャンの最期にファンテーヌが出てくるところでも泣いた。

 

テナルディエ夫妻は、何で最後まで無事でいられるんですかね(婉曲)

「悪は最後に報いを受ける」という、物語の定石が適用されないことに驚いた。あれを「人間臭い」と評することは、私はものすごく嫌なので、キャラクター的にはひたすら好きになれなかった。

ジャン・バルジャンと対局の生き方をしているが、どちらかというとテナルディエのがハッピーエンドなんですかね…。レミゼ自体、教訓の意味を持つ物語ではなく、これが現実なんだ、と突き付けられた気がします。

しかし森久美子さんのマダムは強烈すぎて凄かった。マチネは一番遠いところから観ていたはずなのに、圧倒的存在感。

 

本当にストーリー最初から読んでいけばよかったと後悔したのは、ジャベールについて。

昼公演、彼の役回りがいまいち掴めなくて(最早民衆に紛れたら見分けつかなくて)、よく観られなかったんですが、夜公演見たらなんか妙にかっこよかった。もっと早く気付きたかった。

 

 

ところで、エポニーヌがさ…なんか既視感あって…

若手俳優りあこ、のそれなんじゃないかって……

彼は別の女が好きだけど、彼のことが大好きだから何でもしてあげたいっていう、なんかねぇ。時間もお金も使って尽くしたのに、結局選ばれるのは一目惚れの美人なのですねぇ。私自身りあこ系のオタではないけれど、単純に胸が痛かった。そしてマリウスは若手俳優ではないので、マリウスおまえ、おまえ…って何度も思った。

 

マリウス、たなかみりんぼしさんこと内藤大希さんをママ僕で見た時、何でここ帝劇じゃないんだろうと思ってたけど、本当に立ってくれるとは…。初帝劇がどうしてもどうしても見たくてすごく楽しみにしてた。内藤マリウス、すごいフレッシュな若者!!ぴゅあ!!って感じで可愛かった。噂の昇竜拳も見れたし。

ソワレで見た海宝マリウスは高貴が過ぎる。王子様かよ。メサイア無印の映画に出ていたとは思えない。

 

あともう一人初帝劇でどうしても見たかったのが相葉アンジョルラス。

びっっっっくりした。ばっちを見たのは「3150万秒と、少し」以来で、むしろ歌唱を見たのは戦国鍋ぶりだったんですけど、めっっっっちゃ歌上手くなってた。帝劇のドセンで銃を掲げる姿には胸が熱くなりました。

相葉ルラスは「僕はカリスマを持って生まれたよ」って感じで、ああこれは革命で死ぬ、って感じなんですが、

上原ジョルラスがあまりに強すぎて絶対死なない。国家ひっくり返せそう。上原さんは1789、ミスサイゴンでも拝見していますが、なんかすごい「革命のプロ」のイメージがある。

 

コゼットは噂の生田さんが見られてよかったです。アイドルを馬鹿にしてるとかではないのですが、アイドルグループにあんな歌上手い子がいたんですねぇ。

 

余談ですが、ソワレのカーテンコールで目の前に来た、アンサンブルの篠田さんのお顔が、大層可愛かったです。その時は誰この可愛い人?!ってなったけど、後でHP見たらすぐ分かった笑 どこやってたんだろう…

 

 


大きな劇場に来るたび、マンパワーに圧倒されます。そしてそれが感じられるのは絶対に前方席。

前すぎて困ったのは、床の蝋燭の演出が見えなかったことかなぁ。上から見るあれは綺麗。

演出が変わったと聞きましたが、どこが変わったのかは分からないのが悔しい。

 

ただ一つ、これから帝劇デビューする人に言いたい。B席3回よりS席1回。S席で見て。

 

 

 

 

 

★★★

DreamLive 2017

 

ミュージカル テニスの王子様3rd DreamLive 2017』

 

2017/5/26~28 横浜アリーナ

 

続きを読む

Dステ版 TRUMP〈映像〉

 

今夏、噂のTRUMPシリーズの最新作「グランギニョル」が上演されるとのことで、TRUMPを見ることにした。

 

続きを読む

テニミュ3rd チームライブ氷帝

 

ミュージカル テニスの王子様 TEAM Live HYOTEI』

4/12~16  東京 TDCホール

4/19~23  大阪 梅田芸術劇場

 

公式HP:https://www.tennimu.com/3rd_2017teamlive/

 

続きを読む

ダイヤのA The LIVE Ⅳ

 

ダイヤのA The LIVE Ⅳ』

2017/

4/6~13    東京 シアター1010

4/20~23  大阪 梅田芸術劇場

 

薬師高校との激闘を制し準決勝進出を決めた青道高校、舞台は聖地-神宮へ。

立ちはだかるは長身ピッチャー真木洋介擁する仙泉学園。

勝戦を見据えて片岡監督の下した決断はここまで連投の続いた降谷を休ませ、丹波、川上、沢村の三投手に試合を任せることだった。

熱戦と共に、小湊亮介、春市、倉持の過去がサイドストーリーとして描かれ、"甲子園出場"にかけるそれぞれの熱い想いも浮き彫りになる。

そして、ついに登場する成宮率いる稲代実業のメンバー達。

また、沢村の勇姿を見守るためにスタンドを訪れる若菜達。

果たして、沢村の活躍の機会は!?

2017年4月、いよいよ準決勝の熱い戦いが幕を開ける!

公式HP:http://officeendless.com/sp/diaace_live4/

 

続きを読む

Club SLAZY 〈映像〉

 

いまさらClub SLAZY初演を見た。

 

シリーズとしてはずっと見たくて、2016年のFinalのチケットは当たれば儲けと思って先行チャレンジはしてましたが、まぁ華麗に散ったよね。

でも噂を聞くにFinalから見るのは、話がちょっとよくわかんないらしいので然るべくして外れたのかもしれない(ネタバレ回避派)

 

続きを読む

Battle Butler

 

『Battle Butler』

2017/3/8〜12 六行会ホール

 

日本の近くに見つかった一つの国。
その国は、かの昔王国だったと報道された。
王国の再建を望む声が上がり、ここに名もなき王国の王を決めるべく選ばれし者達の戦いが始まる。
候補者は12名。この者達に傷は付けられないこともあり王への争いを代わりに行う者達は候補者自身の執事達。
執事の戦いで決まる王の椅子。
有名人・富豪・豪族…そして、1人のOL?
OLである《小春音》には執事がいない。そんな彼女の前に現れた音の執事を名乗る者《月影楽》彼は一体何者なのか?
彼女達の戦いの末に何が待ち受けているのか…。王の座とは…?

公式HP:http://battlebutler.crayonsite.net/

 

続きを読む