芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

※閲覧注意※ 青8バラードの話

単刀直入に言うと批判記事です。

 

確実に水差し意見なので、

純粋に大楽を迎えたい方は閲覧非推奨。

 

 

 

※前提

・私はテニミュ2nd関東立海からの観劇

・3rdの子たちも大好き

・青8も大好き

 

 

 

 

 

 


 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 


青学バラード、完全に

キャストの歌

になっちゃったなぁ。

 

 

「キャラメイクでパフォーマンスする時は、

あくまでもキャラとして存在していてほしい」

という、まぁ勝手な私の願望から来る話なんですが。
 

 

歌詞がね。初っ端から、
お別れだね

って。

 

 

いや、

お前、

まだ関東大会すら終わってへんけど。

 

って思わず脳内突っ込み。

 

 

 

サヨナラ

って

 

何に?

誰に?

 

 

 

 

 

歌う人間をキャストとして見られたなら、何の雑念もなく泣けただろう。

でも、目の前にいるのはキャラクターなのだから、テニプリのキャラとして見ていたかった。

なおかつ役者として仕事しているなら、演技中は演じるキャラクターの夢を見せてほしかった。

 

 

 

今までの青学バラードの歌詞を見返してみた。

 

キャラクターとキャストのどちらにでも当てはまる、そんな歌詞を中心に、キャラクターとキャストが糸で繋がれていた。(この糸の数は観客によって異なるのだけど)

 

今回、私の中で、歌とキャラクターを繋ぐ糸は完全に切れていた。

1本でも繋げたならまだ良かったのだが、違和感の根源がそもそも曲のテーマである。

違和感の過半数越えである。

 

今までもあからさまな歌詞は、ないこともなかった。

6代目のGoodBye Todayの

俺は先へ行くよ みんなはそれぞれの道を行けばいいさ

なんかは明らかに小越リョーマを残して卒業する6代目の話だ。

ただギリギリ、「俺は上に行くよ」の台詞があるリョーマとして解釈できないこともない。

 

ギリギリ、ほんとにギリギリのラインだった。

特に2nd入ってから。段々メタが強くなる印象はあったけど。

 

そのラインを越えてしまった感じがする。

 

8代目のこの曲も、物語として卒業まで描かれる全国立海公演であったなら、まだ違和感はなかったのだと思う。

 

 

 

 

でも逆にあまりにメタすぎて、今まで1stファンの方々が

2nd3rdで俺達の合言葉やNOW&FOREVERを歌われたのが嫌だ

と言っていた気持ちがものすごく理解できた(笑

 

 

 

 

ついでに、
新校歌も良い曲なんだけど、イントロから泣かせるメロディーラインで、最終回感がヤバいなって思った。

 

 

 

 


正直、非常に複雑な気持ちになってしまったので、大楽はここで周りとの温度差できてしまうんだろうなぁ。


頼むから大楽でキャストのオーディション映像やら流さないでいただきたい…

あれ、公演中にメタを視覚化されて、めちゃくちゃ萎える(萎えた)から…

 

 

 

 


運営がキャストの事情をガン押ししてくるスタイルは嫌いなんですけど、

これこそキャストに罪はないから何とも。

 

 

テニプリの皮を被った若手俳優のアイドル活動

 

というのが、ルド吹チムライから感じてる今のテニミュの印象の一部。

 

 

 

 

 

アイドル流行ってるけどね。

 

みんな、どんな感想だったんだろう。