芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

※ネタバレ メサイア外伝 極夜(+先行上映舞台挨拶)

※※思いっきりネタバレ※※

6/23 2回目追記

 

 

メサイア外伝 -極夜 Polar night-」

2017/6/17 公開

 

 

 

 

初見感想

 

6/5の先行上映会夜の部に行ってきました。

散々ブロマイド特典目当てに前売りの追いチケして、結局何回行くんだよって感じです。

そしてこんなところで最前列引く運を発揮してしまった。悠久でもよろしくな、私の運。

 

舞台挨拶メンバーは、中村さん、玉城さん、橋本さん、長江さん、小谷さん、山口監督。司会はボブ鈴木さん。ボブさんの暖かみがすごい。

30分以上舞台挨拶してましたね。話が切れない感じ。その中でも7割龍ちゃん&たまちゃんが喋ってて、さらにその7割中4割は龍ちゃんが喋ってたイメージ。

ネタバレなしなので、龍ちゃん撮影ラストカットには「絶対行くから」と話してたたまちゃんとかなんかそんな話。

最後の一人一人の挨拶での玉城さん、「悲しくて…、…切なくて…面白くて…、でも暖かいような、……そんな話なので」とかそんなことを話してたあたりから、言葉尻が沈むようになって、「ありがとうございました」と話し終わる頃にはほぼ息、だったのでは。心無しか目が潤んでらしたのは、気のせいでしょうか。

 

 

 

 でまぁ本編なんですが、

 

正直、極夜の記憶をすべて消したい。

 

いや黒歴史とかじゃなくて。

私の脳内では「俺たちの革命はここからだ!」みたいなハッピーエンドの予定だった。メサイア以上にメサイアの2人の卒業を信じて疑ってなかった。

あの頃の、希望に満ち溢れてワクワクドキドキしてた過去に戻りたい。

三栖さん死亡の未来なんて露にも考えていなかった頃が懐かしい。

 

でも言われてみれば、ここまでガンガン話に絡んだきた二人を一切出さずにメサイアからフェードアウトさせるなんて無理です。

二人の生活の為に(公式あらすじ内No.1動揺ワード)、 安定した職に就き静かに暮らしましたとさ、とかなら分かるけど、そんなん三栖周ファンブチギレるわ。

そもそも二人一緒に卒業、って思い込んだのが私の敗因。公式キャッチコピーの盛大なミスリード

これはかつてテロリストだった2人の最後の物語。

そして、究極の平等の実現へ向かう始まりの物語。

うわ……「2人の最後の物語」なのに始まりの物語には「2人」って書いてない……うわ……………

 

 

三栖さんショックで割と記憶がぶっ飛びましたが、総合的には面白かったです。

 

第三世代もよく喋るからキャラクター性が見えてきて、今後が楽しみになりました。

しかしちょくちょく、暁初登場キャラの性格が違う。

柚木、おまえそんな脳筋だったのか。そしてこの時点であんまり万夜ちゃんのこと嫌いじゃないだろ。タオル畳まないし意外とガサツだった。

私が大好きなDr.THREEさんはなんかフランクです。Dr.TENとえらい仲良しじゃん。

 

グエンちゃんは暁で片鱗見せてた生意気さがフルバーストって感じ。そしてひたすらに可哀想な子の印象がつきました。三栖さんが死ぬときに泣いてた?あたり、根は優しい子なのかしら。あれは誰のために泣いたのか。

ただ志倉さんにあんなに懐く動機がまだ薄いように思う。

 

万夜ちゃんは、驚いた、可愛い。暁であんなにクソガキだったのに極夜、ムカつかない。だって言ってること割と正論だし。是非万夜たんと呼ばせてほしい。

あと葉っぱ頭にあてる動作、舞台挨拶でたまちゃんがマイク使ってやってたの思いだしてちょっと笑っちゃった。

間宮が本当に「見えてる」ような感じだったけど、メサイアにもスピリチュアルファンタジー要素入ってくるのかしら。あれヴァイオリンが返ってくる前だったような?

 

諏訪部さんは…なんだったのか…。正直これだけのために中村清治郎さん使ったのすごくないか。いまいちキャラの役割が掴めていません。

 

サリュートは台詞が9割ロシア語なのでは?「僕らは暁をry」の決め台詞、また言ってる…いっそこれから退場する時毎回言ってほしい…。

ボスホートが「北方でのチャーチのようなもの」ということが名言されたので、サリュートの服が若干サクラコートに似ている構造なのもやはり意図的なのでは。

 

繭玉になったハングドマンさんは半年くらい経たないとあの髪の長さにならないと思うので、拘束された深紅から半年以上経ってる、という解釈でよろしいでしょうか。綺麗にスタイリングされてるのは置いといて。 

 

あと今回の個人的最大の爆発ポイントが一嶋さん。

「竜二」呼びした瞬間に、ほら来たやっぱりな!!!と思いましたが、それ以上にラストのお電話ですよ。名前呼びどころの騒ぎではない。

スペシャルミンサー様の異名納得の、ハイパー暴言上司タイムには黒子ちゃん以上に震えましたね。色んな意味で。え、パワーバランスそんなに極端だったの??

正直くそほど萌えた。

筋肉も素晴らしかった。あの筋肉を大画面で見るために映画館通いたい。

 

名前呼びと言えば「馨さん」も拍手もんですわ。八重樫・林はメサイアにしか見えないけど名言はされてなかったっけ。舞台も出てほしいですね。

あと突然のジョブチェンジの理由もね。その半年後(暁)にチャーチ壊滅するからね。せっかくお風呂屋さんになったけどぶっ壊されてるんじゃないですかね。

周ちゃんのお風呂シーンは極夜一可愛いシーンだった。

 

黒子ちゃんの異名が「人間シュレッダー」らしいですが、上記の「スペシャルミンサー(挽肉製造機)」といい、どうもメサイアの異名は無機物に準えるようで。あまり美しくないのが生々しくて残虐。今後チャーチOBにも異名つかないかな。

 

間宮が着てるメサイアコート、旧版でしたね。

メサイア界でも明確にリニューアルされたってことですか。新コート配給された時の、候補生各々の反応が見てみたい。

 

間宮と有賀の会話は…有賀がしっかり気持ちに区切りをつけて、加々美と歩む意思を見せたのに泣いた。最後に伝えた言葉が「ありがとう」で良かった。

でもいつきちゃんには「何でもない」って!!馬鹿!!結局暁で激おこだったじゃん!!有賀さんやっぱり伝える力が足りてない!!

あと超常現象にも関わらずえらく冷静だな有賀さん。そして相変わらず顔が良い。

 

見終わってからググったんですが、本当に「メサイア」って名前のストラディヴァリウスがあるんですね。こんなにメサイア検索してるのに気付かなかった。

今回でクァンタムキャット時代の間宮の心情がかなり明かされたような気がします。良かったと思うと同時につらさが増しました。どうしてくれる。

関係ないけど迷いなく「Messiah without G String」と打ちこんだ時に「ほんとにそれ正解なの!?あと表記揺れがあったらどうすんの!?」とちょっと焦りました。

 

 

他キャラについてつらつら書きましたが、三栖さんと周ちゃんについて。

 

まず周ちゃんがまた一人で出て行っちゃったのが、いや、分かるけど、三栖さんに迷惑かけたくないの分かるけど。

生まれてこのかた、甘えるということをさせてもらえなかったからこその行動であるのがつらい。

でも三栖さん好きでやってるから…嫌だったら絶対他人と共同生活しないよ三栖さんは…気付いて…

 

と思っていたのに、三栖さんが死んでしまって。

三栖さんも三栖さんで、四科の制服は着てたのに絶対にキンダー制服は着なかったわけで、自分の革命を続ける意志はあったのでしょう。どうしてこうなってしまったのか。

しかしこれがきっかけで、あれだけボロボロだった周康哉の精神回復と自立が成立するのが皮肉である。

「どうしたらいいんすかね、三栖さん」はこっちの台詞である。

 

三栖さんは最後までスパダリでした。かっこ良かった。

でも泣く理由?というか、きっかけがいまいち掴めてないです。

メサイアって死亡詐欺多いから、実は生きてますパターンもよぎったんですが、あれだけしつこく描写されたらダメです。ダメなんでしょう。

無線のシーンは演技も凄まじかった。

おそらく遺体は見つからないのが辛すぎる。せめて周ちゃんに看取られてほしかったし、看取らせてあげてほしかった。

「予約しとけよ」って時点でめちゃくちゃ死亡フラグなやつだと思ってたけど本当にフラグ回収するとはこの時は思ってなかった。舞台挨拶時点で焼肉ワード出してきた龍ちゃん…。

 

母親との無理心中って入水でしたっけ。極夜見る前日に偶然白銀を見返してたのですが、炎のSEだったような…自宅放火的な…気のせいか…。今レンタル中で確認するすべがないので後日要確認。

少なくとも冒頭の描写から無理心中の方法が入水だとすると、同じ「水」によって死んだのは…今特別何かが浮かぶわけではないのですが、考察できる部分だと思います。

 

しかし三栖さんの幸せそうな家族写真とテディベアは、若干無理矢理感。

それと思ったより三栖家が裕福だった。なんかもっと写真なんか残ってないほどスラム街の極貧と思ってた。

仮にあの写真が撮影された時点ではまだお金があったとして、抱きしめられた記憶がないってのは違和感ある。

あと何に気を取られていたのか覚えてませんが、妹さんの話をほとんど覚えてないので2回目以降頑張ります。

 

で志倉さんが三栖公俊の父親、かもしれない描写。

いやいや親子、かもしれない描写は暁の一嶋小暮でもう充分なんですけどマジ??

どうして家族捨てたのかってところも伏線でしょうか。三栖さん死んだのに。親子と名言されてないけど。ここら辺ちょっと混乱してよくわからないです。

 

最後の眼鏡康哉ちゃんは、一体何のお仕事でそこまでのし上がった?

職場に三栖さんの家族写真とテディベア、それと自分の書き置きを飾るのはどういうことなの。

ツッコミはさておき、自分の書き置きまでとってあることについて、真面目に考察した方がいいのか悩んでます。

 

 

※2回目以降見たいところメモ

・間宮レポート他、情報の流れ(大混乱)

サリュートの爆弾が仕掛けられてる場所の説明(大混乱)

・三栖ユイカの話

・手紙を書く志倉さんの服装

・御池がヴァイオリンの音を聞いたタイミング

・有賀と間宮の会話のニュアンス

・柚木のプロフィール

・一嶋さんの胸筋

・一嶋さんの三角筋

 

 

ざっと書きましたがとりあえず初見は見終わって立てなかったですよ。 

既に「こんな日が来ると思わなかった」と思っています。

 

三栖さんと周ちゃん、二人が並んで実現する究極の平等が見たかったな。

 

公開したらまた追記すると思います。

 

 

 

 

 

2回目追記

 

6/23に2回目見に行きました。

初見よりはだいぶ冷静でした。

しかしとにかく頭が悪いので、まだデータの云々が分からん。

淮斗が持ち出し志倉さんが持ってる間宮レポート、周ちゃんが持っててグエンに渡したデータ、護が持ってるデータ、護が三栖さんから貰ったデータ、三栖さんがメールで受け取ったデータ、三栖さんが護から受け取ったデータ、どれがなんだか。

 

以下2回目で思ったこと列挙。

 

・三栖さんの革命の起源が周家、の因縁は考察しがいある。

・三栖ユイカの通院履歴が2回?入水自殺未遂後の話かと思ったけど、辻褄合わないので、三栖家の無理心中はユイカの持病(?)の医療費で困窮したが故?

・冒頭の「親父さんは?」「死んだ。」って言ってるけどそれは死んだも同然ってことなのか?志倉さんのことを知らずに本当に死んだと思ってたのか?

・Dr.THREEの性格が違いすぎて戸惑いしかないしDr.sの会話可愛いわ。暁でももっとお話してほしかった。

・ハングドマンへの一回目の投薬シーンはDr.THREEが殺りたがってるだけで一嶋さんが殺すのを止めてると思いきや、二回目のシーンではいっそ殺してやったほうが楽に見えるのが怖い。一嶋さんとDr.の印象が真逆になるトリック。

・「薬漬けにすればお前の意思は関係ない。そっちのがお望みか?」の林さんめっちゃ怖い。

・1回目何言ってんだか分からんかったけど、サリュート「スーク、時間だよ」って言ってる。スークの名前出てるのね。しかも、日本語かぁ。

サリュートのAB問題、意味わからん。それ言ってる間にもう色々と手遅れだと思います。

・先行上映ではまだ悠久新キャスト発表されてなかったから気付かなかったけど、万夜たんと来て、雛森千寿。名前の数字シリーズが気になってしょうがない。

御神体様は「シンジュ」の森で暮らしてるとか。「センジュ」と関係あるかな?

・柚木22歳。御池20歳。

・白崎は帝国大学法学部卒。

・宗教団体のトップであるはずの御池万夜の口から「相手の人格を認めないほどの共依存はおかしい。それはキョウセイ(強制?矯正?)だよ。」という言葉が出ることへの違和感が凄い。

・間宮はずっと幽霊としてチャーチにいたの…?万夜たん真性霊能力者だったら心霊探偵的なスパイ活動も可能になってしまうのでは。

・「照る日の杜」と「御池」のイントネーション統一してくれ。

・有賀さんめっちゃ前髪顔にかかっててオシャレに目覚めたにも程がある。

・有賀さんの「ん?」が可愛い。

・有賀が「これからの君は」という間宮の言葉を遮って発言したり、間宮は何を伝えるために万夜ちゃんにセッティング頼んだのか若干分からなかったり、不明点が多い会話。でも「ありがとう、もう大丈夫だ」の後に葉っぱが枯れたってことは、間宮は満足したのかな。

・解読できない間宮レポート見て、なんで照る日の杜が関わってるって分かったの、三栖さん。

・何で間宮レポートが志倉さんから送られてきたって気付いたの三栖さん。

・何でクマのぬいぐるみ贈ったのが志倉さんだって気付いたの三栖さん。そしてここで親子関係出してくる意味がいよいよ分からない。

・爆弾流して水没させる理論が未だ分かりません御津見先生。海底で爆発させるの?三栖さんのとこに水到達した時点で10秒切ってるよ?間に合わなくない?水没したら使えなくなる爆薬なの?

・「悪ぃな、勝手に決めて」からの諏訪部さんの「だから、いい…」がなんかめちゃくちゃかっこよかった

・でもやっぱり地下水路のシーンは最初から色々間に合わないと思います

・グエンちゃん理不尽被りすぎて流石にキレていいよ

・三栖さんの世界では、一度自分を殺しかけた水が綺麗に見えていたのか

 

個人的に終わった後に友人と話してた、北方への渡航者リストに「悠里春斗」があって、春斗海での事故死と言われてたけど、遺体は上がってない。もしかして春斗がボスホートで出戻る可能性あるのでは、ってのがめっちゃ…ありそうすぎて…というか北拉致テロリストの兄っていう前例あるんで…。

 

普段なら、今更水を止めても溺死するには充分すぎる水量だし逃げるにしてもあの時間では爆発に巻き込まれていずれにせよ死ぬと分かるはずなのに、ずっと「水止めろよ!」と泣き叫ぶ周ちゃんが悲痛。

 

 

 

 

 

★★★★