芸術に拍手

ネタバレ祭り。レポと感想と妄想が大渋滞起こしてます。

クジラの子らは砂上に歌う 再演

 

クジラの子らは砂上に歌う 再演』

2018.

1.25-28 東京 AiiA Theater

2.2-4     大阪 サンケイホールブリーゼ

 

 

1.25夜 2列目上手センター寄りにて

 

 

初演が口コミで評判になっていたし公開されていたOPが大変良くて、見たいなぁと思っていたから再演はとても楽しみにしていた。

予習でアニメも(多忙につき途中まで)見てたんですが、キラキラした繊細な絵柄に反してめちゃくちゃ人が死ぬし、2話に1回くらい泣いてたから、舞台観たらどうなるのかと思っていた。クジ砂のアニメとても良いのでオススメです。

 

 

セットはものすごくシンプル。シンプルなんだけど劇場入った瞬間、砂の海に少し感動した。

昨今ここまで舞台大道具や演出セットを削った舞台は、アイアなどの中劇場クラスでは珍しいと思う。

サイミア(情念動)の印はどうするのかと思ってたのですが、手持ちの布への映像投影でなるほどと。

前方良席でキャストさんは大変見やすかったのですが、実際、少し後ろの方のが演出は見やすいかもしれない。

サイミアの表現でステージに人が増えるのと、サイミヤアンサンブルの方が持つ布の面積が大きいので、誰がどれを操っているのかとか近すぎると分からなかったり。あと印の投影が光にかき消されてかなり薄い映りだったのは前方だからか?

 

全体的にキャストさんがすっっごく良かった。

個人的な解釈合いとアニメに声寄せてる人多いからかもしれないが、近年稀に見ぬ再現度だと思った。

みんな素晴らしかったんですが、ギンシュ、リョダリ、ネリ、シュアン、ニビ、キチャ、タイシャ、クチバあたりが0ズレのドツボですね。多いな。

てか女の子がねーーー本当に可愛い。みーんな可愛い。特にギンシュ姉さんー!アニメ見てる時もギンシュ姉さん大好きだったんだけど、マジで本当に最高だった。

幼女枠も本当幼女に見える……ネリちゃんとか160あるのにめっちゃ細いからかめっちゃ小さく見える……

リョダリも凄かった。伊崎さんわたしテニスの頃から何度も見てるんですがそれを忘れるくらい、余すところなくリョダってた。

タイシャ様とクチバが好きなんですけど、タイシャ様が一番、現実にいたらまさにこんな感じだと思う。印が短命な泥クジラにおいて、年齢は割と大事な要素だと思うのですが、いい具合に歳を感じさせられる点で3次元は強いですねぇ。

あと完全にキャストノーチェックだったんですが、ニビがどえらい美少年でビビった。体型とか顔の雰囲気とかニビまんまだし。あの人誰!?!ってこういう時になるんですね。

マソオさんも誰よりも面白かったしロウネズも癒し。チャクロとここ3人のノリが可愛かった。

 

帝国襲撃はやっぱりしんどい。人が死にすぎる。しかもアンサンブル多いから迫力ある。

サミの「お嫁さんになりたかった」のシーンやキチャの「汚いことは全部オウニがやったのに!」のシーンなど、ちょくちょく泣いてた。泣きどころが多いので全部2時間におさめられると泣き疲れるなぁと思いつつ、ここ省いたら怒るとも思う(めんどくさい)。

アクションや殺陣もみんなお上手で良かった。観てないから分からないんですけど、刀の方もこんな感じなのかなーと。個人的に女性陣も殺陣上手いのが好感度高い。

 

アニメの背景芸術の美しさがお気に入りだったので、舞台美術と演出のシンプルさにはもう一声〜!と思うことはあったが、ステージから余計なものが省かれたからこそ、役者の良さや役者が表現する世界観が際立ったのかなとも思った。

完全に舞台がクジ砂初見の人は、どんな砂の世界を想像するんだろう。1から景色を創れるのは、それはそれで羨ましい。

  

 

ちょうどアニメで私が見ていたところまで舞台でやってくれたけど、私が知らない話も出てきたから色々混ぜ込んでるのかな。それとも原作では入ってくる話なのかな。原作読みたい。

 

初演はあまり客入りよくなかったのに口コミで最終的に満員になって、DVDも最初出ないかもしれなかったのに客要望でDVD化したってのは有名な話で、本当に良いことだなぁと思ってて。

再演の初日、ふと後ろ振り返ったら満員なんですよね。初演観てないけどなんかグッときた。

Blu-rayも出るの羨ましいぞ!(あらゆる舞台Blu-ray出してくれ芸人)

続きもしっかり示唆していったから、続きやるんではないでしょうか。

もう一回、泥クジラ乗船したかった。

 

 

 

 

 

 

★★★